ダンススクールを有効に活用して効果的なエクササイズ

  • ダンススクールの選び方について

    • ダンススクールと言っても様々な種類のダンスがあります。

      まずはどのようなダンスを学びたいのかをはっきりとさせなければなりません。


      様々な種類のダンスが学べるところも増えてきていますが、そうでないところや特定のダンスだけに特化しているところも多いからです。

      大きくダンススクールのタイプを別けると、社交ダンス、バレエ、ジャズダンス、ストリートダンス、エアロビクス、その他のダンスとなります。



      その他のダンスとは、フラダンスやタップダンス、レゲエ、アフリカンなどが有名で、実に多数のものがあります。



      社交ダンスは競技会に向けた本格的なところと楽しむだけのダンススクールがあります。



      また、ラテンダンスとモダンダンスがあり、両方を学ぶ人もいますが、どちらかだけを習う人も多いです。



      ストリートダンスはヒップホップ、ハウス、ロック、ポップ、ブレークダンスなどに別れており、ストリートダンススタジオに行けば一通り習えることが多いです。



      ジャズダンスは元々は自由なスタイルのダンス全般を言いましたが、実際にはバレエの技術を基本としてストリートダンスの要素を取り入れたものになっています。
      ジャズダンススタジオではバレエやストリートダンスも習えることが多いです。



      しかし、本格的にバレエやストリートダンスを習いたいなら、バレエ教室やストリートダンススタジオに行く必要があります。

      バレエやジャズダンスは女性が多く、ブレークダンスは男性が多いです。

      ストリートダンスや社交ダンスはやや女性が多い傾向がありますが、ほぼ同数です。

  • 関連リンク

    • ダンススクールへ通う際に一度はそのスクールを見学する、体験入学することは大事です。どんな雰囲気でレッスンが行われているのか、講師はどのような人なのか、こうしたところをしっかりと確認して自分に合っている教室を選ぶことは大事だと言えます。...

    • ダンススクールに通うようになると人生にメリハリができます。良い運動にもなるので、心身の健康状態が良くなる場合が多いです。...