ダンススクールを有効に活用して効果的なエクササイズ

  • 自分に適したダンススクールの選び方

    • 舞台公演を観に行って、テーマパークで見かけて、ストリートダンスを見て、などさまざまなきっかけでダンスに魅入られた方はたくさんいらっしゃるでしょう。



      音楽と違い、自己流で始めるには困難がつきまとうため、一緒に踊れる仲間や団体を見つけたり発表できる場を確保したりなどある程度環境が整うまではダンススクールに通うことが必要になります。
      自分に適したダンススクールを見つけるにはどういったポイントをおさえれば良いのでしょうか。


      まずは、どんなダンスが踊りたいか、です。



      ひとくちにダンスといってもたくさん種類があり、ジャズ、ヒップホップ、ロック、ハウス、ブレイキンなどストリート系の他、フラメンコやバレエといったものまで本当に幅広いです。


      女性アイドルやシンガーであれば大抵はジャズが多いですが、もしわからなければ直接ダンススクールに問い合わせて、◯◯みたいなバックダンサーのダンスがしたい、と伝えれば対応しているかどうか、それがどの種類なのか、も同時にわかるでしょう。



      次に目標です。
      楽しく踊りたいのか、プロレベルになりたいのか、でスクール選びがガラリと変わってきます。

      インストラクターやスクールの規模が全く違うので、方向性を定めてから探しましょう。



      スクールによっては発表会を多くセッティングしてくれるところもあるので、プロはともかくとことんやりたい、という方は活動的なスクールに通って目標を随時設定し直す、というスタイルでも良いでしょう。



      他に、そのスクールの対象となる年齢層やレベルです。
      初心者である社会人が、プロを目指すティーンズのクラスに入れない様に、クラスやコースの対象がどこにあたるのかも把握しましょう。



      これに関しては、ホームページや資料でも確認できますが、体験レッスンや単発セミナーに参加することですぐに解決できます。


      まずは、スクールにアクセスしてみましょう。

  • 関連リンク

    • ダンススクールへ通う際に一度はそのスクールを見学する、体験入学することは大事です。どんな雰囲気でレッスンが行われているのか、講師はどのような人なのか、こうしたところをしっかりと確認して自分に合っている教室を選ぶことは大事だと言えます。...

    • 舞台公演を観に行って、テーマパークで見かけて、ストリートダンスを見て、などさまざまなきっかけでダンスに魅入られた方はたくさんいらっしゃるでしょう。音楽と違い、自己流で始めるには困難がつきまとうため、一緒に踊れる仲間や団体を見つけたり発表できる場を確保したりなどある程度環境が整うまではダンススクールに通うことが必要になります。...